フォトアルバム
Powered by Six Apart

天下統一リターンズ

Technorati

  • テクノラティお気に入りに追加する

ようおこし

Ninja Tools

美人時計

« 2009年2月 | メイン | 2010年3月 »

2010年1月

2010年1月16日 (土)

2010新入団お披露目会

2010新入団お披露目会
いましがた終了。
いやぁ〜、寒かった。

アッキー&翼の漫談が全部持って行ってしもたなぁ…。

2010年1月10日 (日)

今日はここまで。

今日はここまで。
家に着くまでが遠足とは教師の名言ですが、とりあえず酔いと揺れに心地よく身を任せているうちに、サンダーバードも大阪に着いたので、今回はここまでということで。

久しぶりにJRでの乗り鉄で、私鉄のようなちょこまかした旅ではなかったのが嬉しかったかなと。富山のきときとの海の幸をもう少し満喫したかった気もしますが、3連休の中日のお昼時でしたから、氷見での彷徨もやむなし、でしょうか。
あと、やっぱり駅間の長い地方線区の各駅停車に乗って、長時間立ったままってのはつくづくキツい。JR西は早いとこあの辺りの車両更新やダイヤの見直しを進めてあげて欲しいもんです。お年寄りがしんどそうやったなぁ…

ではでは、残り1日の休みで、しっかり通常モードに戻すこととします。
いやあ、鉄道旅行って、本当に素晴らしいですねっ(^^;)。ほなまた。

 

えびえび天丼

えびえび天丼
いやしかしサンダーバード揺れ過ぎ。どない踏ん張って撮っても、ぶれますわ(_;)

富山湾の白えびと普通のえび、天ぷらにしてご飯にドサっと盛ってある。
ホンマは刺身の白えび丼をお持ち帰りで欲しかったんだが、店からはダメとのこと。ガックシ。
しかし天ぷら丼でも美味でありましたよ、ええ。

あと、富山駅のキオスクで見つけた「ほたるいかくんせい」これは本当に
美味でした。キオスクもやるねえ。
ビールがビールがススム君♪

自由 is Freedom?

自由 is Freedom?
何とも力強いメッセージ性のある「自由」の文字。

なーんのこたぁない、自由席だってことなんすけどね。

この場合、自由 is NON-RESERVED ってことになるわけで。

今回のラストランナー

今回のラストランナー
岩瀬浜までたそがれの富山港線を往復し、駅の土産物屋を物色して、自由席確保のためかなり早めに2番線にスタンバイ。
う〜さぶっ(>_<)そないに並ばれなくてやや拍子抜け…いやいやありがたい。

厳密にはラストから1本前なのですがね。

編成にヴァリエーションがあるようで、次のサンダーバードの乗車位置をLEDで示してくれている。
プチ親切ながらかなりありがたい。

さ、酒盛り酒盛り♪

まだお正月気分

まだお正月気分
富山ライトレールの「富山駅北」駅へ。非常にタイミングよく岩瀬浜ゆきがくる。
車止めの手前には門松と葉ボタンが。正月だねぇ。

2両編成のトラム車内は立客もいてなかなか上々の乗り具合。スムーズな加減速もイイ。

富山着

富山着
高岡で乗り換え時間3分。旧国鉄色にホッとする。幸運にも着席でき、雪景色を眺めながらいつの間にかうとうとと。

富山で新塗装の車両と並ぶ。

ありつけた…

ありつけた…
鰤が不漁なのはわかっていても、美味しい魚が食べたいと氷見の街をウロウロ。

魚市場の食堂は恐るべき長蛇の列、その近くの道の駅の食堂はことごとく刺身系の定食はSOLD OUT、結局、氷見市を放浪すること45分、中央町の「蛇の目寿司」さんでやっとありついた「地物のおまかせにぎり」。

口の中でとろける〆さば、独特の香ばしさと弾力のある生の鱒、ねっとりさが堪らないやりいか…
いやあ、満喫いたしました。
ごちそうさま(^人^)

もうどっぷり

もうどっぷり
氷見駅からタッチの差でバスを逃して、歩くこと約15分、氷見漁港へ到着。
氷見市は藤子不二雄Aこと安孫子素雄氏の生まれた土地。ハットリくん列車もその由縁。駅から市の中央部までの道すがら、氏がデザインした魚のキャラクター像であったり、ハットリくんが鰤に馬乗りになって飛んでいる像だったり、あちらでもこちらでもまさに「転がってる」。

そして、ここに及んではもう「どうだ」と言わんばかりの大看板。おらが町のスター面目躍如といったところ。
おそらく高知に行ったらアンパンマンだらけなんだろうなぁ、とふっと思った。

ハットリ君列車

ハットリ君列車
高岡駅の北の隅っこ7番線に止まっていたのは、忍者ハットリくんのペインティングが施されたディーゼル車の2両編成。

外面だけじゃなく、車内のいろんな所にハットリくんのイラストが。ワンマン列車の駅名アナウンスの後に、ハットリくんの観光案内ひとことコメントが流れてなかなか楽しい。