フォトアルバム
Powered by Six Apart

天下統一リターンズ

Technorati

  • テクノラティお気に入りに追加する

ようおこし

Ninja Tools

美人時計

最高は音楽!? Feed

2005年7月16日 (土)

みっ なおそ〜ぉみなおそぉ♪

Hk2iundo  キューピーの「たーらこぉ〜 たーらこぉ〜…」のCM、うーん、あいかわらず耳に残るなぁ…そういえば、最近見ないけどどうしたんかなぁ、と思っていたそんぽ21のCMを思い出す。ネットに何か手がかりがないかなぁ、とググってみたら、あるんだな。ホームページが。それもコマーシャルキャラの「ハナコアラ『ウェブの家』」


 音楽も楽しいが、ナニが最初にインパクトがあったかって、CMを見たことのある人ならご存知かと思いますが、このコアラ、鼻がケータイなのだ。


 かわいらしいダンスの後に、突如鼻をはずして電話し始めるキャラ。インパクト強烈。


 サンテレビで流れている時に初めて見たので、お、これはローカルのネタかと思ったが、全国規模の損害保険会社。それにしても今やCDまで出ている。着メロ着うたもあるでよ。


 最近は「コアラッパー」まで出現…。


2005年6月22日 (水)

Musical Baton キタ━(゚∀゚)━!

 カード情報の流出に自分も巻き込まれていないかどうかあたふたしている間に、いやぁ、回って来ましたヨ。おはちが。よく言えば「音楽数珠つなぎ」悪く言えば「不幸のメールブログ版」ともいえる、Music Batonが、とうとうこんなブログ界の片隅までやって参りました。
 あ、振ってくれたanticlimax/じみさん、自分的にはやっとトレンド(ひぇ)に乗れて喜んでますから感謝しとりますですよw。


 この、Musical Baton、既に【絵文録ことのは】(松永英明さん)のエントリ「Musical Baton ミュージカル・バトン!(歴史+回答つき)」や「こわいものしらずのこわいものみたさ」(narrenさん)のエントリ「みゅじかるばとんの元祖はMuziekstokkieなのだろうか」「music memeというのが、はやってたみたい。」などによりますと、だいたい去年の12月くらいにオランダから回って来たようで、まぁ、数字や設問にいろんなバージョンあるようですが、ともかく今回日本で回っているのはこんな設問。
  1.コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量は?
  2.今聞いている曲は?
  3.最後に買ったCDは?
  4.よく聞く、または特別な思い入れのある5曲を。
  5.バトンを渡す5人を。


 んじゃ答えて参りますかね。
 最近ちょうど(やっと)iPodを買ったところなので今必死に(嬉しがって)ガンガンiTunesに入れ込んでいる最中。んなところの1の回答は6.74GB。これでも最近増えた方ですが、( ´Д`)何か。

 つづいて2。うーむ、丁度久々にコレを聞いてたぞ。We're Five/The Real Group。アカペラーの頃に数回歌ったけど、ハーモニーが上手くはまった時のメロディラインはたまらなくキレイ。本物は流石リアルグループ、という感じ。

 3。最近買ったCDですか…。うーん、そういやぁ長いこと買ってないゾ。おそらくThe Hits - CORNERSTONES 3 -/佐藤竹善か?賛否両論ある問題作ではありますが、ボカァ嫌いじゃないです。リリースは昨秋だけど確か買ったのは今年の3月くらい…。でもそれ以来CD買ぉてへんなぁ。マズい…。

 で、4、よく聴くor思い入れのある5曲、ですか…。そんなにガツッと思い入れがある程の曲はないが…
 PAUL/平井堅
  丁度実家でかわいがっていた犬がなくなった頃に聞く。
  タイムリー過ぎて涙。犬を飼ったことのある人、必聴かも。
  あの「大きな古時計」のc/wデス。
 ANTHEM/VANGELIS
  ご存知2002年日韓ワールドカップの公式アンセム。
  根が単純なモノで、スタジアムでこの曲がかかり、選手が入場して
  来たときの昂揚感が、サッカーにも目を向けるきっかけだったと。
 Rhapsody In Blue/George Gershwin
  人生で初めてアジアから出た時に利用したのがユナイテッド航空で、
  何かと機中でかかっていたこの曲を聴くと、いまでもわくわく感や
  機内で配られた熱い紙おしぼり?の匂いまで甦る…。
 しあわせもあこがれも/トライトーン
  これもアカペラーの頃に苦労した曲。そもそもが難しい(と思う)
  トライトーンのオリジナルナンバーの中でも、コーラスもベースも
  メロディラインがよく動くので、ハモる実感を持たせてくれない曲。
  人様の結婚パーチーで歌ったが、さてどうだったのやら。歌詞は
  底抜けな幸せが突き抜けていて、「ごちそうさま」感たっぷりw  
 All About You/The SQUARE
  この頃のスクエアはシンプルで良かった。音が軽いとか、カシオペア
  より落ちるとか、ドラムの長谷部徹がジャニーズだったとか(?)
  くそみそに言う人もいるが、シンプルながら聞かせてくれた、スクエア
  絶頂期の1曲としては、外せない曲。青かったなぁ、あの頃のオレ…。
 う〜ん、思い入れも中途半端やけど、よく聴く曲ってのがそうないのがどうも。

 で、最後。バトンを渡す(不幸なw)人ですが、まさに書きたきゃ書きゃええやん的なもんなので、まぁ、乗っかってみる遊び心がおありでしたら是非よろしく。スルーしてもよかですよ。とりあえず、4人にお願いします。

  World Reportriggo44どの
  NORIX AIRLINESNORIXさん
  After22punさん
  コンテンツはオレ。sin-tomどの

 ほな、よろしゅうに…。









Vvwjshk1

2005年4月11日 (月)

「かけ合い」のステージ(綾戸智絵コンサート@神戸こくさいホール)

3hxdcftn  最初のフレーズが奏でられ、最初の歌詞が、彼女の身体から発せられる。1曲目、「アメージンググレイス」。口からというより、身体から、と言った方がふさわしい。綾戸さんは小柄なのに、どこから発せられるのだろうか、いつもその声に驚かされる。声量というより、その勢いに、だ。それは、今日は3階席に座った僕のところに届いた段階でも、鳥肌を立てさせるのに十分。
 そしてそれが、今日最初の「かけ合い」だった。まず、ピアノを相方に「かけ合い」。引き続いて2曲目の「テネシーワルツ」。歌い終わって、今日最初の観客との「かけ合い」。それは大概、残念ながら開演に間に合わなかった前方席の遅刻客が「ネタ」になり、「相方」になる。「あらまー、奥さん、優雅に入って来はりましたなぁ。もう、せっかく今さっき、テネ、テネ、テネテネテネテネってね、『テネシー』歌った所やってんでー。もー、聞き逃すやなんて、アンタら、もったいないなぁ。しゃぁない、もっぺん歌っとこか。」で、「テネシー」のサビをもっぺん演奏。こんなアーティスト、まずいない。
 今日で綾戸さんのライブは4度目になる。何度も聞く曲もあるけれど、いつも変わらなくて感心することがある。「今日のコンサートは、ワタシだけではなくて、お客さんみなさんが創るんです。お客さんから、聞きたいなぁ、っていう光線が、出てるんです。それが、私にピアノを弾かせてくれて、歌わせてくれるんです。」言葉は違うかもしれないが、大概同じような趣旨のことを、客席に向かって話しかける。
 綾戸さんのステージは、観客とアーティストの「かけ合い」から生まれる、綾戸さんのピアノと綾戸さんの歌の「かけ合い」なのだと思う。時には観客にも参加させる(だいたいどの曲だか、もうつかんだがここでは書かない)コールアンドレスポンスだって「かけ合い」だ。いや、そんなコールアンドレスポンスなんて難しい言葉で表されるものじゃなくて、それこそおばちゃんたちの日頃の会話と同じ目線の親しさの「かけ合い」。
 ジャズピアノといえばまだまだ小難しいイメージがあるだろうが、「ろうにゃくにゃんにょ」まんべんなく観客が来るのは、そんなところにも一因があるんじゃないかと、改めて感じたステージでした。

 ところで、知らなくてびっくりしたが、綾戸さんは神戸に住んでいるのか住んでいたのだか、めちゃめちゃ神戸ローカルな地名入りのMCトークもあり、ちょっと驚いた。大阪でのコンサートを聴くのもよいが、神戸まで来てみてちょっと得した気分にも。内容は…来た人だけの楽しみですから、次回6月の神戸のコンサートに来てみては?

 ちなみに、添付したケータイ写真は、本日の演奏曲目です。必ずコンサート後にこのリストが会場出口付近のどこかに掲出されるのも、何となく嬉しい気分。